Blog Posts

昨今独自のエクササイズに特化した施設が注目を集める中、ライフ・フィットネス・ジャパンでは、ブティック・ジムのトレンドを取り入れることができる、スモール・グループ・トレーニング(SGT)の販売を開始いたしました。SGTはSPORTEC 2019の当社ブースでも紹介され、従来のスタジオ・プログラムとは異なった、施設フロアのデッド・スペースやマシン・エリア周辺のコーナー化による簡単な導入が特徴で、低コストで効率的な施設運営が実現可能となります。

 

この度、2019年10月1日付でライフ・フィットネス アジア太平洋地域ヴァイス・プレジデントであるアンドリュー・マハデヴァン(Andrew Mahadevan)がライフ・フィットネス・ジャパン株式会社 代表取締役社長に就任いたしました。マハデヴァンは前任のオリーヴィエ・ヴァンダーキャム(Olivier Vandercamme)の業務を引き継ぎます。

 

ライフ・フィットネスは、米国時間2019年7月8日付でクリス・クローソン(Chris Clawson)を最高経営責任者(CEO)に任命することを発表しました。クローソンは2010年から2016年までライフ・フィットネス社長として業務に携わっており、直近では米国スポーツ&フィットネス産業協会のチェアマンを務めていました。クローソンは、ライフ・フィットネス社長を務めていた、ジェイソン・ウォージー(Jason Worthy)の業務を引き継ぎます。

ブランズウィックからライフ・フィットネス事業部の分離とKPSキャピタル・パートナーズによる買収に伴う事業の包括的な見直しの結果、クローソンにCEOとしての復帰を要請。また同日付で最高財務責任者(CFO)にスティーブ・クリン(Steve Klyn)が、当社取締役会の一員としてライフ・フィットネス事業の創設者であるオーギー・ニエト(Augie Nieto)が就任しました。

 
CLOSE FIND MY LOCAL DISTRIBUTOR

Are you looking for your local commercial or home equipment distributor?